快捷搜索:

国慶節連休中の銀聯・網聯取引金額が約10兆元に

        
2020-10-10 16:32 | CRI

  中国銀聯と網聯清算有限公司(NUCC)の2社は9日、それぞれ国慶節連休中の消費データを発表しました。10月1日から8日間の連休期間中に、この2大年夜消費ネットワークが処理した取引金額は合わせて9兆7500億元に上ったことが明らかになりました。

  今年の国慶節連休期間の銀聯ネットワークの取引金額は2兆52億元で、昨年の国慶節と比べて一日匀称8.3%増えており、一方のNUCCプラットフォームで処理されたオンライン決済による取引金額は7兆2300億元で、昨年の国慶節と比べると一日匀称47%増えました。消費内容は主に、ショッピング、交通、旅行、飲食となっています。

  中国銀聯のデータによりますと、ショッピングによる消費金額の成長が最も速いのは江蘇省、山西省、甘粛省で、昨年同期と比べ一日匀称17%増えているほか、飲食の分野では新疆ウイグル自治区、チベット自治区、青海省の消費金額が昨年同期に比べて1日匀称20%以上の増加となっています。また、観光類の消費金額の増加幅が最も多かったのはチベット自治区、新疆ウイグル自治区、寧夏ホイ族自治区で、昨年同期と比べると1日匀称13%増えました。

  一方、NUCCのデータは、連休中に一部のライブコマースの1日匀称取引金額が昨年同期比52%増となったことを示しています。(ヒガシ、謙)

您可能还会对下面的文章感兴趣: